2010年12月24日

ゴルフの法則(261~280)のツイート。

ゴルフのバックスイングで、どうやって上げたらいいか悩んでいるゴルファーは多い。最近はケータイやデジカメで、スイングチェックが楽になった。


目を閉じ、視覚情報をカットすれば、普段あまり意識していない他の感覚が鋭くなる。すると、なにげなく握っているグリップの力加減や、体の傾き、体の動きに敏感になる。


時間が無い時、お金が無い時は、自宅で素振りするだけでもゴルフのトレーニングになる。


目を閉じて素振りをしてみよう。ゴルフクラブと体の動きが、とてもよく感じられる。


ゴルフの素振り練習は、とても効果がある。あの石川遼選手も素振りで調子を取り戻した。


ゴルフでは、いろいろ考えたり、悩んだり、選択に迷っている時間もまた楽しい。


たとえ失敗しても、上手くリカバリーできれば、ゴルフの自信になる。


プロゴルファーでも失敗する。ゴルフは失敗してからのリカバリーが大事。


まずゴルフが出来るだけでも幸せに思う。スコアは二の次。健康面、経済面が順調じゃないとプレー出来ないのだから。


自分自身にしっくりと合ったグリップの握り方を探してみよう。


プロゴルファーでもグリップの握り方はいろいろ。正解は一つではない。


石川遼選手がフジサンケイクラシック連覇!最終18番ホールで、バンカーからのセカンドショットは凄かったですねー。


もし素振りと同じゴルフスイングが出来れば、アベレージゴルファーなら、10打はスコアが縮む可能性がある。


ゴルフでは、素振りがその人のベストスイング(フォーム)である。


素振りなら、ゴルファーは誰でも綺麗なスイングをする。


ゴルフクラブの進化が、スイング理論も変えている。


時代によって、ゴルフのスイング理論は変わっている。これからもきっと変わる。


ゴルフスイングが綺麗な人は、右肘の折りたたみ方が上手い。


グリップの握り方が下手だと、ゴルフスイングが複雑になる。


グリップは、ゴルフクラブと体の唯一の接点である。大事にしよう。

posted by golf at 20:47| Comment(0) | ゴルフの法則(261~280) | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円~
エリア











ゴルフの法則まとめサイト TOPへ

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。