2010年12月23日

ゴルフの法則(101~120)のツイート。

今年のマスターズ、フィル・ミケルソンの13番のセカンドショットは凄すぎ。


フィル・ミケルソンのロブショットは、やはり凄い。芸術的。


4大メジャーの前だけ参戦するうちは、日本人プロゴルファーが勝つことは難しい。


マスターズは、最終日の12番ホールからが、特に面白い。


オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブほど、ゴルフファンがコースレイアウトをよく覚えているゴルフコースは、他に無い。


毎年、同じゴルフコースで開催されているのが、マスターズの魅力の一つである。


日本のゴルファーは、生きているうちに、一度は日本人がマスターズで優勝する姿を見てみたい。


マスターズで、懐かしい過去の優勝者が上位に来ると、なんだか嬉しくなる。その当時のことを思い出す。


2010年 マスターズが開幕しました!


私が実際にラウンドした、米国にあるパブリックのロングコース(Gibson Bay Golf Course)。8年くらい前ですが、平日14ドル。何と年間500ドルで回り放題とのこと。もちろん本格的コース。
http://www.gibsonbay.com/


アメリカのゴルフ場の安さには驚かされる。


米国人選手の強さの秘密は、米国ではゴルフがカジュアルなスポーツだから。


政治家や企業の接待ゴルフが、ゴルフのイメージを悪くする。本来ゴルフは、明るく楽しいスポーツである。


ゴルファーは皆、「ゴルフが好きだ」ということだけは、「誰にも負けない!」と思いたい。ゴルフの腕前は別にして。


グリーン上からティーグラウンドを見ると、結構近いことに気付く。フェアウェイも結構広い。


芝目が強いと、傾斜の逆に曲がり、ビックリすることがある。


このパット。傾斜が強いか、芝目が強いか。それが問題だ。


クラブやキャバクラへ行くより、ゴルフが楽しい時期がある。


ナイターゴルフも結構楽しい。ターゲットに集中できる。


祝!ゴルフ100ツイート達成。ちょっと無理やりだったが。

posted by golf at 20:04| Comment(0) | ゴルフの法則(101~120) | 更新情報をチェックする
プレー曜日
プレー料金
円~
エリア











ゴルフの法則まとめサイト TOPへ